So-net無料ブログ作成
検索選択
人気ブログランキングへ

『アツイ コトバ』 杉村太郎 [自己啓発本]

死ぬ気でやれよ、死なないから”(p88)

思わず、心を揺さぶられた一冊です。

これまでの人生で、何を本気で頑張って来られたのでしょうか?
ふと思い返してみると、何も出てこないなー

いつも面倒ごとは避けて、効率ばかり追い求めてきたような気がします。
楽な方へ、楽な方へと。

そんな私も、今、まさに変わろうとしています。
そのときに本書に出会えて良かったと思うのです。

『アツイ コトバ』 杉村太郎


著者は、就職支援塾「我究館」を経営されていた杉村太郎さんで、
冒頭に挙げた“死ぬ気でやれよ、死なないから”を始めとして、
まさに熱い言葉が詰まった一冊になっています!

残念ながら、2011年にお亡くなりになっていますが、
そのメッセージの力は、まだまだ生きています。

本書を手に取ったのは、自身の決意を再確認したかったからです。

最近、読書を習慣化してきたものの、
毎日毎日、本を読み続けようと思うと、さまざまな誘惑があるんですね。

例えば、「飲みに行こうよ!」とか「本読んでも、人生変わんないって!」とか。

全ての誘惑が悪影響であるかと言えば、決してそんなことはないです。
ストレス解消や親睦を深めるなど、効用もありますから。
(ただし、愚痴に付き合うことや愚痴を言うことは、時間の無駄だと思っています)

しかし、やるべきこと(私の場合は読書)を差し置いて、誘惑へ流されることに対して、
どことなく恐怖を覚えるようになってきたのです。

これまでは一冊も読書をしない、意志の弱い私がです笑

その理由を考えてみると、「自分が決めたこと」を破る悔しさが根底にあるのではないかと思い始めたのです。

この種の悔しさというのは、これまでの人生であまり感じたことのない感情です。
効率や簡単さを重視して生きてきましたので。

しかし、3週間弱の読書経験から「読書は人生を変える」と本気で信じてしまっています。
(→『本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことが出来る』 千田琢也
  『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』 堀江貴文


せっかく「自分で決めた」読書をして人生を変える機会をみすみす逃してはいけない。
そんな思いが頭の中を駆け巡ります。

「今日は飲み会だったからいいや!」と妥協するのか、
「飲み会があっても(飲み会を断ってでも)、読書をする!」と決めたことを守り抜くのか。
毎日の決断が人生を形づくるのだと考えています。

「死ぬ気でやります!」と軽々しく表現する人があまりに多い。
口で言うのは簡単。でも、実際にやっているの?

たとえ全身全霊で取り組んだとしても、問題ないから、「やってみせろよ」という思いが、
“死ぬ気でやれよ、死なないから”
に詰まっています。

そしてもう1つ。
決めることは捨てること”(p.22)

人生は短いです。
社会人生活を送っていると、その事実をいやと言うほど痛感します。

1日、1週間は一瞬で過ぎていきます。

「自分が決めた」ことの先には、自分が思い描く目的・道があります。
短い一生で、そこを目指さずに、他に何を望んでいるのでしょうか?

「読書をして、人生を変える」
私の決意は変わりません♪

スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。